笠間日動美術館:館内のご案内

ホーム / 企画展 /次回の企画展予告

次回の企画展予告

ARTとEAT 食にまつわる美術のはなし

2019年1月2日(水)〜 3月17日(日)


高橋由一《鯛図》油彩、板
笠間日動美術館所蔵

 高橋由一の鯛、佐竹徳のりんご、どちらも食べ物を描いた作品ですが、どちらがより"おいしそう"でしょうか。この二人が描いた食べ物の差は、その時代背景に由来します。由一が描いたのは単なる物質としての魚ではなく、食の文化そのものでした。一方の佐竹は、セザンヌに傾倒し、空間に存在する物質としてりんごを把握していました。また、山下りんの《機密ノ晩餐》(最後の晩餐)は、パンと葡萄酒の食卓を囲むキリストと使徒を描いた作品ですが、聖書を紐解けば、このパンと葡萄酒はただの食べ物ではなく、キリストの肉体を意味することが分かります。このように本展では、「食」を描いた作品のイメージの意味を探ります。
 企画展示館一階では「食」や、その周縁にまつわる絵画を、二階では北大路魯山人を中心に、「食」を彩る器を展示致します。



山下りん《機密ノ晩餐》油彩、カンヴァス
山岡コレクション/笠間日動美術館所蔵

安井曾太郎《実る柿》
油彩、カンヴァス/笠間日動美術館所蔵

金山平三《あま鯛》油彩、板
金子コレクション/笠間日動美術館所蔵

佐竹徳《りんご》油彩、板
佐竹コレクション/笠間日動美術館所蔵

北大路魯山人《織部菊文蓋付茶碗》
カワシマ・コレクション/笠間日動美術館所蔵

北大路魯山人《赤呉須さけのみ》
笠間日動美術館所蔵

竹久夢二《鉄絵笹茶碗》1922年
山田市蔵コレクション/笠間日動美術館所蔵

竹久夢二《蜂抱落花飛茶碗》
山田市蔵コレクション/笠間日動美術館所蔵

鴨居玲《絵付け皿(レ・トロア・グラース(三美神)》
展覧会名 ARTとEAT 食にまつわる美術のはなし / 同時開催 写真公募展2019【食】
会 期 2019年1月2日(水)〜 3月17日(日)
会 場 笠間日動美術館 企画展示館
開館時間 午前9時30分より午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
休 館 日 毎週月曜日(但し1月14日、2月11日は開館、1月15日、2月12日は休館)
主 催 公益財団法人 日動美術財団 笠間日動美術館
後援予定 茨城県/茨城県教育委員会/笠間市/笠間市教育委員会/NHK水戸放送局/茨城放送/朝日新聞水戸総局/茨城新聞社/産経新聞水戸支局/東京新聞水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局
入 館 料 大人1000円、65歳以上800円、大学・高校生700円、中学・小学生 無料
(20名以上の団体は各200円割引 障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引)
春風萬里荘との共通券:大人1,400円、大学・高校生900円、中学・小学生 無料、65歳以上1,100円(20名以上の団体は200円割引、障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引)
交通案内 【JR利用】
・常磐線友部駅北口より(9:55/10:50/11:50発)『かさま観光周遊バス』(100円)
または市内循環バスで約15分。「日動美術館入口」下車徒歩1分。
・水戸線笠間駅より徒歩約20分。(日動美術館・春風萬里荘共、但し方向は逆)
『かさま観光周遊バス』またはレンタサイクルの利用が便利です。
【自動車利用】
・常磐道友部JCT経由、北関東道友部ICより国道355号線経由約6q
・東北道栃木都賀JCT経由、北関東道笠間西ICより国道50号線経由約8q
【高速バス『関東やきものライナー』利用】
・秋葉原駅中央改札口前、東口交通広場 8 時 20 分発で約 2 時間 「笠間稲荷神社入口」下車徒歩 5 分 片道 1600 円、往復 2800 円

■同時開催 写真公募展2019【食】

企画展示館2階中央フロアにて、ART と EAT展に合わせ【食】をテーマにした写真の公募展です。
募集期間は 12月8日(土)まで。詳しくは 笠間日動美術館ホームページの応募要項をご覧ください。

■会期中のイベントのご案内

各種イベントは別途入館料がかかります。

ギャラリー・トーク
日時: 2月2日(土)、3月9日(土) 各日14:00〜(30分程度)

美術鑑賞プログラム「新春!美術館で福笑い」
日時:1月3日(木)14:00〜(30分程度)

■萬里荘のイベントのご案内

第19回 笠間のひなまつり「桃宴」
日時:1月22日(火)〜3月3日(日)


イベントについてのお問い合わせは笠間日動美術館へ
TEL:0296-72-2160 FAX:0296-72-5655
メールでのお問い合わせはこちら


このページのTOPへ