笠間日動美術館:館内のご案内

ホーム / 企画展 / 次回企画展予告

次回の企画展予告

貌・KAOU 白鳥写真館 「これから・・・」/同時開催 写真公募展2018【顔】

2018年1月2日(火)〜3月11日(日)


北野 武

広告写真家 白鳥真太郎は長野県松本市で100年以上の歴史を刻んで来た『白鳥写真館』の四代目として生まれました。大学卒業後、広告写真家としての道を選び、1999年にはその時代を代表する120人のポートレートを撮影し、写真集『貌 KAO 白鳥写真館』として出版しました。  
 白鳥が撮影した企業広告としての作品は、ポスターをはじめ新聞、雑誌など印刷メディアはもとより、テレビコマーシャルなどにも多く、今や私たちの眼に触れない日は無い程です。ですが、一般に撮影者として白鳥個人の名は出ることは少なく、広告の印象が私たちの記憶に残ることになります。 白鳥は、広告写真としてのポートレートを数多く撮ってきましたが、契約終了後には作品は残りません。そこで、芸術や文化、学術など様々なフィールドで活躍するアラウンド 団塊世代(1945年〜54年生まれ)の"達人"に照準を合わせ、3 年の歳月をかけ、100人が語るメッセージを肖像写真に込めました。それは「これまで」をどのような「これから」につなげていくのだろうという、レンズを通して被写体へ向けた白鳥自身の問いかけでした。それに対して、エネルギッシュな活動を続ける100人の"達人"たちの「 貌(かお) 」からは、未来への意気込み、社会貢献への熱い気持ち、そして人間讃歌の想いが溢れています。
 写真集には取材をした被写体の方々の言葉が掲載されています。

■ 被写体の方々(敬称略/五十音順)
赤松陽構造、阿川佐和子、天児牛大、飯島 勲、石井志保子、五木ひろし、井筒和幸、伊武雅刀、
井村雅代、岩松 了、上野千鶴子、上原 徹、宇崎竜童、臼井定一、内館牧子、梅沢富美男、
柄本 明、大嶋光昭、大杉 漣、奥田瑛二、小栗康平、加古 驕A鹿島 茂、鎌田 實、唐池恒二、
岸部一徳、北野 武、北原照久、桐野夏生、久保 修、隈 研吾、栗山民也、黒川博行、黒田玲子、
見城 徹、小林國雄、小日向文世、金剛永謹、崔 洋一、堺 正章、坂田 明、笹野高史、さだまさし、
佐藤B作、鮫島有美子、残間里江子、三遊亭円楽、茂山千五郎、笑福亭鶴瓶、鈴木敏夫、
関野吉晴、仙波清彦、高井昌史、橋真梨子、平哲郎、竹下景子、武田鉄矢、立川志の輔、
谷村新司、玉井博文、津森千里、でんでん、永井 豪、中村征夫、中村修二、中村卓夫、夏木マリ、
根岸季衣、野町和嘉、橋本大二郎、服部真二、服部幸應、菱川良夫、弘兼憲史、廣田丈自、
舟越 桂、細野秀雄、堀内丸恵、松沢哲郎、松久信幸、三國清三、水戸岡鋭治、宮本 輝、
村上ポンタ秀一、村田吉弘、毛利 衛、もたいまさこ、森 重文、森 昌行、森山良子、八代亜紀、
籔内佐斗司、山本容子、夢枕 獏、吉岡幸雄、吉川美代子、吉野 彰、りりィ、渡辺 哲、渡邉光男




桐野夏生

毛利 衛

柄本 明

服部幸應

八代亜紀

阿川佐和子

堺 正章

五木ひろし

笹野高史

夏木マリ

同時開催 写真公募展2018【顔】

【顔】をテーマにした写真の公募展です。
募集期間は12月10日(日)まで。詳しくは応募要項(学芸員だより参照)をご覧ください。
会期中は大衆賞を決定する人気投票を行います。


展覧会名 貌・KAOU 白鳥写真館 「これから・・・」/同時開催 写真公募展2018【顔】
会 期 2018年1月2日(火)〜 3月11日(日)
会 場 笠間日動美術館 企画展示館
主 催 公益財団法人 日動美術財団 笠間日動美術館
特別協力 白鳥写真事務所
後 援 茨城県/茨城県教育委員会/笠間市/笠間市教育委員会/IPA茨城写真家協会/茨城放送/茨城新聞社/朝日新聞水戸総局/産経新聞水戸支局/東京新聞水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局/東日本旅客鉄道株式会社水戸支社
開館時間 午前9時30分より午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
休 館 日 毎週月曜日(但し1月8日・2月12日は開館、1月9日・2月13日は休館)
入 館 料 大人1000円、65歳以上800円、大学・高校生700円、中学・小学生 無料
(20名以上の団体は各200円割引 障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引)
春風萬里荘との共通券:大人1,400円、大学・高校生900円、中学・小学生 無料、65歳以上1,100円(20名以上の団体は200円割引、障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引)
交通案内 【JR利用】
・常磐線友部駅北口より(9:55/10:50/11:50発)『かさま観光周遊バス』(100円)
または市内循環バスで約15分。「日動美術館入口」下車徒歩1分。
・水戸線笠間駅より徒歩約20分。(日動美術館・春風萬里荘共、但し方向は逆)
『かさま観光周遊バス』またはレンタサイクルの利用が便利です。
【自動車利用】
・常磐道友部JCT経由、北関東道友部ICより国道355号線経由約6q
・東北道栃木都賀JCT経由、北関東道笠間西ICより国道50号線経由約8q
【高速バス『関東やきものライナー』利用】
・秋葉原(8:20発)「笠間稲荷神社入口」下車徒歩約10分。

■会期中のイベントのご案内

白鳥真太郎によるトークショー
日時:1月27日(土)、2月10日(土)各日14:00〜(60分程度)
※日時変更の可能性あります。事前にご確認下さい。
場所:企画展示館

担当者によるギャラリートーク
日時:1月20日(土)、2月17日(土)各日14:00〜(30分程度)
場所:企画展示館

プチコンサート「朗読と演奏によるギリシア悲劇『アンティゴネ』」
日時:1月21日(日) 14:00開演

■特集展示 【生誕120年 佐竹 徳展】

会期:2017年9月30日(土)〜2018年1月14日(日)
場所:パレット館3 F
※年末年始休館日:2017年12月21日(木)〜2018年1月1日(月)


■分館 春風萬里荘のイベントのご案内

笠間の陶雛‐桃宴‐
日程:1月末〜3月上旬


イベントについてのお問い合わせは笠間日動美術館へ
TEL:0296-72-2160 FAX:0296-72-5655
メールでのお問い合わせはこちら