笠間日動美術館:館内のご案内

現在開催中の展覧会

異国の景色

2021年1月2日(土)〜 3月7日(日)


佐伯祐三 《パリの街角》 1927年 笠間日動美術館蔵

画家を志し、住み慣れた土地を離れた若者たちは、そこで目にした光景に何を見い出したのでしょうか。自然や街並み、目新しい風物に心を奪われ、創作意欲を大いに高めたことでしょう。本展では、パリの街並みに向き合い制作を続けた佐伯祐三をはじめ、海外に学び各々の表現を探究した画家たちの作品を展示します。画家の眼を通して描かれた異国の風景、人々、そして旅情あふれる思い出の品々に、感動をみつけていただければ幸いです。




奥谷 博 《モン・サン=ミッシェル》 1968年
笠間日動美術館蔵

藪 野健 《ある日 ソル広場》 1984年
笠間日動美術館蔵

松井ヨシアキ 《セーヌ》 2003年
笠間日動美術館蔵

田村 能里子 《陽炎人》 1984年
笠間日動美術館蔵

城戸義郎 《巡礼の道》

小木曽 誠 《フィレンツェ》 2010年
笠間日動美術館蔵

■出品予定作家(五十音順)

阿部幸洋、井上 悟、入江 観、浮田克躬、岡 鹿之助、小木曽 誠、奥谷 博、
香月泰男、城戸義郎、木村忠太、栗原 信、佐伯祐三、芝田米三、島田章三、
田村能里子、鳥海青児、野口彌太郎、藤本東一良、堀 研、松井ヨシアキ、三岸黄太郎、
藪野 健、 山下 充 渡辺武夫 ほか

展覧会名 異国の景色
会 期 2021年1月2日(土)〜3月7日(日)
会 場 笠間日動美術館 企画展示館
開館時間 午前9時30分より午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
休 館 日 毎週月曜日(但し1月11日は開館、1月12日は休館)
主 催 公益財団法人 日動美術財団 笠間日動美術館
後援予定 茨城県/茨城県教育委員会/笠間市/笠間市教育委員会/茨城放送/朝日新聞水戸総局/茨城新聞社/ 産経新聞水戸支局/東京新聞水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局/ 東日本旅客鉄道株式会社水戸支社
入 館 料 大人1000円、65歳以上800円、大学・高校生700円、中学・小学生 無料
(20名以上の団体は各200円割引 障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引)
交通案内 【JR利用】
・常磐線友部駅北口より(9:55/10:50/11:50発)『かさま観光周遊バス』(1回の乗車につき100円、1日乗車券300円)
または市内循環バスで約15分。「日動美術館入口」下車徒歩1分。
・水戸線笠間駅より徒歩約20分。(日動美術館・春風萬里荘共、但し方向は逆)
『かさま観光周遊バス』または『レンタサイクル』(普通自転車300円、電動自転車500円)の利用が便利です。
【自動車利用】
・常磐道友部JCT経由、北関東道友部ICより国道355号線経由約6q
・東北道栃木都賀JCT経由、北関東道笠間西ICより国道50号線経由約8q
【高速バス『関東やきものライナー』利用】
・秋葉原駅中央改札口前、東口交通広場 より約 2 時間 「笠間稲荷神社入口」下車徒歩 5 分 片道 1650 円、往復 2900 円
*新型コロナウイルスの影響で当面の間、減便での運行となっております。詳しくは茨城交通のHPをご確認ください。

■同時開催 写真公募展2021【わたしが見つけた異国】

会期:1月2日(土)〜3月7日(日)
会場:笠間日動美術館 企画展示館 2階中央
今回で第6回目となる写真公募展を開催いたします。企画展『異国の景色』の関連企画として、【わたしが見つけた異国】をテーマにした写真を募集しております。自由な発想でテーマに沿った作品をお送りください。展示された写真の撮影者には、ご招待状を1枚プレゼントいたします。また「館長賞」、「事務局長賞」、「ボランティア"パレット"賞」、「大衆賞」などの受賞者には、賞品を贈呈いたします。多くの皆様からのご応募お待ちしております。

■会期中のイベントのご案内

ギャラリートーク
日時:1月9日(土)/2月13日(土)/3月6日(土)各日14:00〜(約30分)
場所:企画展示館
料金:無料(入館料でご参加いただけます。)

イベントについてのお問い合わせは笠間日動美術館へ
TEL:0296-72-2160 FAX:0296-72-5655
メールでのお問い合わせはこちら