笠間日動美術館:館内のご案内

次回企画展予告

開館 50 年記念 パリ、東京、ニューヨーク モダンアートの軌跡

2022 年 5 月 21 日(土)〜7 月 3 日(日)



フィンセント・ファン・ゴッホ 「サン=レミの道」 1889-90年
                                                     

1972 年に開館した笠間日動美術館は、今年50 周年を迎えます。
本展ではモネやルノワールによる印象派からエコール・ド・パリの寵児である藤田嗣治らを中心とするフランス絵画や、 近代洋画の先駆者である高橋由一から続く日本近現代洋画、そして、アメリカンアートのスター作家であるアンディ・ウォーホルの作品などからモダンアートの軌跡を辿ります。
これらの作品を通して、当館のコレクションの歩みを振り返るとともに、パリ、東京、ニューヨークを中心とした美術動向をご覧いただければ幸いです。





クロード・モネ 「ヴェトゥイユ・水びたしの草原」 1881年

ポール・セザンヌ 「聖アントニウスの誘惑」 1874年頃
展覧会名 開館 50 年記念 パリ、東京、ニューヨーク モダンアートの軌跡
会 期 2022 年 5 月 21 日(土)〜7 月 3 日(日)
会 場 笠間日動美術館 企画展示館
開館時間 午前9時30分より午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
休 館 日 毎週月曜日
主 催 公益財団法人 日動美術財団 笠間日動美術館
後 援 予 定 茨城県/茨城県教育委員会/笠間市/笠間市教育委員会/NHK水戸放送局
茨城放送/茨城新聞社/朝日新聞水戸総局/産経新聞水戸支局
東京新聞水戸支局/毎日新聞社水戸支局/読売新聞水戸支局
入 館 料 大人1000円、65歳以上800円、大学・高校生700円、中学・小学生 無料
(20名以上の団体は各200円割引 障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引)
交通案内 【JR利用】
・常磐線友部駅北口より(9:50/10:50/11:50発)『かさま観光周遊バス』(1回の乗車につき100円、1日乗車券300円)
または市内循環バスで約15分。「日動美術館入口」下車徒歩1分。
・水戸線笠間駅より徒歩約20分。(日動美術館・春風萬里荘共、但し方向は逆)
『かさま観光周遊バス』または『レンタサイクル』(普通自転車300円、電動自転車500円)の利用が便利です。
【自動車利用】
・常磐道友部JCT経由、北関東道友部ICより国道355号線経由約6q
・東北道栃木都賀JCT経由、北関東道笠間西ICより国道50号線経由約8q
【高速バス『関東やきものライナー』利用】
・秋葉原駅中央改札口前、東口交通広場 より約 2 時間 「笠間稲荷神社入口」下車徒歩 5 分 片道 1650 円、往復 2900 円
*新型コロナウイルスの影響で当面の間、減便での運行となっております。詳しくは茨城交通のHPをご確認ください。


■会期中のイベントのご案内

●館長 長谷川徳七と副館長 長谷川智恵子による対談会

5月28日(土)14時より

参加費:無料(要入館料)

場所:企画展示館

*5月28日(土)に開催予定の対談会は対談者の都合により、「副館長 長谷川智恵子による講演会」に変更となりました。ご了承ください。

●ギャラリートーク

5 月 21 日(土)/6 月 11 日(土)/7 月 2 日(土)
各回 14 時より(30 分程度) 参加費:無料(要入館料)

場所:企画展示館

*各イベントは、新型コロナウイルス感染拡大に伴い予定が変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

イベントについてのお問い合わせは笠間日動美術館へ
TEL:0296-72-2160 FAX:0296-72-5655
メールでのお問い合わせはこちら